子どもの内に矯正するメリットとは

子どもの内に矯正するメリットとは

子どもの歯並びが気になる、歯科検診で歯並びが指摘された、でも矯正の事はよく分からないしお金がかかりそう、器具を装着したりして子供の負担になりそう、大人になってからでも出来るのでは?そう言った方は、子供の内に矯正治療する事についてのメリットを調べてから検討すると良いかもしれません。


6歳~10歳の乳歯から永久歯に生え変わる頃に治療を開始するメリットには、どんな事があるのでしょうか。

安心できるNAVERまとめに興味ある方、必見です。

第一のメリットは、アゴの成長をある程度コントロールする事が出来るので、受け口(下アゴが上アゴより前にでている)や上顎前出(出っ歯)の治療を行いやすく、結果も出やすいと言う事があります。



第二のメリットは、抜歯や外科的治療を行わずに矯正できる可能性が高くなると言うことです。

成長過程の段階に治療する事で、適正に歯が生えるスペースを確保しやすく、歯が正しい位置に動きやすい為です。

第三に、子供の場合大人と比べて費用が安くすむケースが多いです。
また、矯正治療の治療費は基本的には医療費控除の対象になりませんが、発育途中の子供が行う場合には正常な歯並びにするための治療とみなされ、医療費控除の対象となります。

歯科矯正治療の分野は、格段に進歩しており、装着する器具も昔と比べて負担が少なく、見た目にも目立ちにくくなっています。

自分の外見の事が気になってくる思春期前に歯並びをきれいにしておけば、歯の事でコンプレックスを感じる事無く、学生生活を送る事が出来るでしょう。