虫歯を未然に防ぐ予防歯科について

従来の歯科治療は虫歯になってから歯医者へ通って治療を受けるのが主流でしたが、最近は予防歯科が重視されています。予防歯科とは虫歯を未然に防ぐことであり、セルフケアとプロフェッショナルケアがあります。

セルフケアとは自宅で毎日自分で行う口腔ケアのことです。

NAVERまとめに有益な情報の紹介です。

具体的には毎食後、歯ブラシで歯の隅々まで綺麗に磨いたり、デンタルフロスを用いて歯垢を除去します。フッ素を含む歯磨き粉を使うことにより、虫歯になりにくくすることがでます。

また、キシリトールが入っているガムを噛むことにより、歯垢を付きにくくして、虫歯などを予防することができます。
このようなセルフケアを毎日しっかりと行っていたとしても、歯垢や歯石を完全に除去することはできない為、プロフェッショナルケアが必要となります。

プロフェッショナルケアとは、歯医者へ通って先生や歯科衛生士など専門家から指導を受けたり、予防措置をしてもらうことです。具体的には口腔内診査で口の中の状態を確認したり、細菌の数を調べたりします。



その他、正しい歯磨き方法の指導を受けたり、専用の器具を使って歯石などを取り除きます。

PMTCはProfessionalMechanicalToothCleaningの略称で、歯科衛生士が専用の機械を使って歯にこびり付いた歯垢や歯石、汚れなどを取り除きます。

PMTCにはプラークが付きにくくなるという特徴があります。

また、フッ素コーティングをすることにより、酸への抵抗力を高め、虫歯になりにくくすることができます。

この効果をより長く保つ為には、定期的にフッ素コーティングする必要があります。