予防歯科の重要性について

予防歯科の重要性について

歯科医院での二大疾病は、虫歯と歯周病です。

どちらの病気も、初期にはあまり痛みがないままに進行していき、放置していても自然に治ることはないという特徴があります。

風邪でしたら、そのままにしていても治りますが、虫歯と歯周病はどんどん症状が進んでしまいます。

ビジネス視点でtogetterが最近話題になっています。

そこで、虫歯にならないようにする予防歯科が重要になります。虫歯を治すために歯を削って銀歯を詰めても、銀歯は本物の歯にはなりません。

噛む機能は戻りますが、自分の歯と銀歯の境目から虫歯になってしまうことも多く、できるだけ虫歯にしないことが、歯を長持ちさせることにつながります。

歯周病は、歯そのものではなく、歯茎が腫れたり、歯を支える骨を溶かしていく病気で、重症になると歯がグラグラして抜けてしまいます。



予防歯科では、虫歯や歯周病の原因となる歯の汚れを取る施術を行います。



汚れは、歯ブラシで取り去ることのできるプラークというやわらかい汚れと、固くなって自分では除去できない歯石があります。自宅でプラークをきちんと落とすための歯ブラシの方法を指導するのも、予防歯科の大切な役割です。


自宅で取れる汚れは自分で落とし、磨ききれない汚れを歯科医院で落としてもらうことで、歯の寿命を延ばすことができます。


自分の歯で噛めることは、食事を楽しんだり、コミュニケーションにもつながり、楽しんで生きる上で欠かすことができません。

フッ素塗布など、歯を強くするための薬も歯科医院にはあります。